『冒険の森 in おうじ』で進撃の巨人ごっこ 高い木の上を自由に歩き回り ジップラインでは調査兵団として活躍?大人も楽しいアドベンチャー

お出かけ・旅行

ずっとやってみたかった『本格的アドベンチャー』

安全ロープをつけて、木に登ったり、渡ったり…

ジップラインで、シュー!と空を飛んでみたり!

ということで「冒険の森 おうじ」へ行ってきた

施設一覧 - ボウケンノモリ(冒険の森)
木登りでもアスレチックでもない。全く新しい自然と共生する森林冒険施設。
  1. 冒険の森を予約する
  2. 近くのオシャレカフェは時間のある時に行こう
  3. 受付をする
  4. いざ森へ・・・
  5. 怖さを楽しむ
  6. 終わったら広場で遊べる
最後にして最長のジップライン
受付にある写真展、わくわくする

1.冒険の森を予約する

冒険の森は、フランチャイズ展開のようで、いくつかの場所があった

初めは家から1番近い兵庫県”のせ”へ行こうと思ったが予約がいっぱいだった

2番目に近いと思われる奈良県の“おうじ”を調べたら予約ができた!!

ホームページにアクセスして

13時に予約を取ることができた

ハーネスの装着や説明のために30分前に必ず到着してくださいとのこと

1時からなので近くのおしゃれ店でお昼を食べてから行くことにした

これは失敗だった

2.近くのオシャレカフェは時間のある時に行こう

掲載情報なし

近くにこんなオシャレなカフェがあるよ~と予約してくれたので

うきうきしながら到着したら

11時30分開店・・・

ん???

12時30分には集合しなくちゃいけないのに!?

間に合うんか!?

せっかくだから味わいたいけど~

急いで食べなきゃと、心配だったけれど

量が少なかったのですぐに食べ終わった

が!

一人だけメニューの提供が遅くて…やばやば!!

時間制限のある時のランチにカフェを選んではいけないことを学んだ

やっと来た(おいしそうな)カルボナーラをものすごい勢いで口に詰め込み

急いで出発、したけど

間に合わない!!

事故せずに気をつけて急げ~
さっきまで住宅街だったのに急に森の中…!?

怒られるかな…ドキドキしながら受付へいく

3、受付をする

「はい~まずはお支払いから~」

とても爽やかなお兄さんが、優しく対応してくれた

怒られなかった…よかった。お兄さんの指示で

荷物をロッカーに預けて

おトイレを済ませて待機

ハーネスを並べてくれて一人づつ装着していく

お兄さんたちが、ベルトを締めてしっかり確認をしてくれる

ハーネスに付いているたくさんのカラビナの使い方を聞いたら、いざ、森へ!

4、いざ森へ・・・

安全の確保の仕方を教わってから、練習コースで練習

その後アドベンチャーコース、ディスカバリーコースを楽しんでください

と、解き放たれる

さぁ!冒険の始まりだ!

5、怖さを楽しむ

コースは2つ用意されていて

☆アドベンチャーコース…5つあるコースを全部楽しむコース

☆ディスカバリーコース…1、2、5の3つのコースを楽しむコース

があった

ディスカバリーコースは小さな子でも楽しめるコースでお値段もアドベンチャーコースより1000円お安い

「ではスタート…まずは3メートルの梯子を登ってくださいね」

みんな、次々とするする登っていくんだけど

あれ?ねぇ?

怖くないの!?私、怖いよ!!

一歩登るごとに、怖い怖いと涙を流す私に

爽やかな笑顔のお兄さんが

「無理しなくていいですよ、やめておきますか?料金はお返しできるのでやめても大丈夫ですよ!」

と声をかけてくれた

「はいぃ!やめときますぅ!」

二つ返事で私は答えてハーネスを脱ぎました

(;´д`)楽しみにしてたんだけど

高所恐怖なので、無理やったぁ

私はリタイアしたけど、他のみんなは楽しそうだった

すごいなー…羨ましい

木の上からはこんな風景らしい

スマホ片手に、遥か上のみんなを撮りまくった

大人の男性が乗ると木が多少揺さぶられていて

見てるだけでも怖かった~

★みんなの感想★

「怖いけど、まぁ、行ってしまったら諦めつくで!」

「ママ、あんな小さな子でもやってるよ、平気だよ」

「怖くはないけど、疲れたわぁ~」

「ロープがあるから、絶対に落ちない。逆に怖くないで」

私は気持ちだけが疲れました…

最後の長いジップラインでは、本当にみんな楽しそう!

娘たちは“私たちは調査兵団”と

巨人を倒しながら、降下してきた…

余裕たっぷりですか!?

6、終わったら広場で遊べる

ジップラインが終わったら

ハーネスを返却して終わり

まだ遊びたいときは、有料で2周目をまわれるらしい

私たちは、しばらくまったりとして

子どもたちは、広場で遊んでから帰路についた

キャンプ場も併設されているから広場があって安全に走り回って遊ぶことができる

小さな(アドベンチャーの後だから小さく感じてしまったのかも…)普通のアスレチックが

広場にあってちびっこが楽しんでいた

キャンプもやりたいな~

参加費は返しますからね、とお兄さんが言ってくれていたが本当に

私の参加費は返却してもらえた

わがままなのに、ありがたい!!

でも、少し悔しいので、リベンジしたいなと思ってる

次はがんばる

コメント

タイトルとURLをコピーしました